前へ
次へ

社会問題になっている奨学金の自己破産

奨学金を受けて進学をするという人もいます。
奨学金には返済不要のものと返済が必要なものがあります。
返済が必要なタイプは就職をしてから返済をすることになりますが、今は大学を卒業しても高額の収入を得ることができるわけではありません。
そうなると奨学金の返済のために借金を行ったり、生活を切り詰めていく必要が生じてしまいます。
奨学金が原因で自己破産をする人もいますが、自己破産をしても奨学金の返済をしなくてよくなるわけではありません。
奨学金の返済は自己破産後も続くので、何の解決にもなりません。
本人からの返済が不可能ということになるので、保証人に返済の義務が生じてきます。
保証人が負担をしなければいけないということになるので、奨学金の返済がゼロになるわけではない、ということです。
安易に奨学金で進学をするというのも危険なのかもしれません。
その後のプランまで検討をする必要がありますし、返済が難しくなる状況に陥る可能性もあります。

Page Top